「森高千里 Autumn Tour 2014 ~LOVE~」 Zepp Tokyo day1

2014.10.27(月)

ツアー3公演目

COTTON CLUB

なんだか妙に気温が高いのか蒸し暑いのか、北風に変わるというので上着を厚手にしたら、かなり暑かった。熱いステージで身も心も熱くなった終演後に外で記念撮影をしているときにはまさに北風になっていて、「寒いよ、早くー!」と言い合うことになるわけですが…。
Zepp Tokyoとすぐ横の建物の間に入場列が作られ待機。列の先頭にはまた濃いファンの皆さんが集結。私は程ほどの位置に並んでました。入場が始まっても大きな声は聞こえてきませんでした。最前列はいないのかな?
そして自分の番に。引換券と免許証を渡すと例のレシートのような座席表がスルスルとせり上がってきました。そして引換券の下に隠されて自分の元へ。「なんだI列かあ。8列目?」。すると近くの仲間が数字で列を言ってる。ん?I列じゃ無くて1列なのかっ!!!げ!この座席番号からするとセンターブロックだよな~!!\(◎o◎)/!
そして、その一瞬後に思いました。「荷が重い…。(´Д` )」。そうです。グッズ担当が回って来ました。(苦笑)
知り合いのOさんがいて助かりました。あれこれ話していたら、ちょっと気が大きくなっていきました。
両隣の方もノリが良い方で安心しました。

開演時間となり、客電が落ちるとバンドメンバーの皆さんが登場。ここで早くも「ちさとー!モリタカー!」の声がかかり始めました。そして森高さんが登場!

1.若さの秘訣
いきなりの笑顔炸裂は今回も同様。うわあ、近いよ、近いよ。名古屋の最前列よりは距離があるだろうけど近い。カメラマンの三浦憲治さんが目の前に。そしてビデオカメラマンもいました。頑張って350良503い絵撮ってくださいねと心で呼びかけてしまいました。
三浦さんの超高級一眼レフカメラ&レンズにも見とれつつ、やっぱり森高さんをガン見。にやけてる顔が向こうからも見えちゃうわけですね。まあ、そうそう無いチャンス。思い切り楽しもう。

2.臭いものにはフタをしろ!!
森高さんを目の前にして、すでにテンションMAXです。あーだめだ、頬がゆるんでしまう。(^^)
ステージから見えてる自分ってどんななんだろう。デレデレなのかな。

3.私がオバさんになっても
「みなさんがおじさんになってもー!」だって。ヲイヲイ。そのあと「私がオバさんになっても」と言い直し。
今日は前にスペースありまくりなので、“背泳ぎ”と称される腕を回す振り付けも気兼ねなくやれる。ああ、なんか伸び伸びやれる。最高だー!

<MC>
平日にも関わらず集まっていただいてありがとうございます。ライブハウスに合った曲を選んで来ました。ガンガン行っちゃいます。大丈夫ですか?椅子があるので座りたい人は座っても。曲の間に座るのはやめてくださいね。(^^; 去年来た方がほとんどですよね。初めて来た方?(はい!と手が上がり、あちこちから拍手が)拍手されてる。(笑) 若いときは来れなくてもお金余裕できて来れるようになったりとか?常連さんになってくださいね。

4.47HARD NIGHT
大阪で歌われた曲が復活。

5.WEEK END BLUE

<MC>
2曲続けて聴いていただきました。Youtubeのセルフカヴァー見てくれてますよね。149?正確ですか?ありがとう。どんどん終わりに近づいてくると寂しいかと。え、もう1周?飽きちゃうでしょ。なんか違った事できないかと。あ、勝手に私が言ってるだけだけど、スタッフの人が慌てちゃうか。
初期の頃のアルバム聴いたことが無い人もこの機会に是非。歌詞を書いて無い頃で、作詞家の人の詞を歌わされてる感じでしたけど、自分で書くようになって難しいんだなと思った。私の曲には色んな詞があるので楽しいんでいただければ、(はい!)いいお返事ありがとう。

6.はだかにはならない
7.忘れ物
8.出来るでしょ

<MC>
後ろの映像はロンドンに行った時の、 (1997年!)聞いてない。(^▽^) 
オバさんになったけど綺麗とか、オバさんはいらないよね。前半から声出してくれてますけど、声枯らさないようにね。

【メンバー紹介】
今回のバンド名は「謎の円盤UFO’s」(ユーエフオーズ)です。
次の曲は座って聴いてもらっても、立っていても結構です。「雨」聴いてください。
(お客さんたち座り始める。あれ、座っちゃうの?というような目をしたように見えました。)

9.雨(ロック・ヴァージョン)
10.ストレス
11.非実力派宣言

<MC>
この3曲聴いても分かると思うんですけど、振り幅が広いなと思うんです。どのモリタカが好きですか?(全部ー!の声多数)全部ひっくるめてモリタカなんじゃないかと。良い曲とか尖った曲とか。

----グッズ紹介----
グッズに力を入れてます…。あ、準備し始めましたよ。(ガサゴソやってる私とOさんに気付いた森高さんが早速いじり出しました。パンフはOさんが早くて森高さんに渡りました。その後、Tシャツをはじめ、グッズをどどーんと紹介。ステンレスボトルをコロコロさせることもなく、靴下を落とすことも無く。それにしても、仲間から持ち寄って全種類集まった中からグッズ探すのは多すぎてたーいへん。ショッピングバッグの中がごったがえしてた。ずらっと床に並べれば良かったかな。、一人じゃ出し切れないところをOさんとなんとなくシェアした感じでした。Oさんは最初のパンフと袋、靴下なんか。私はハンガーにかけてある黒Tシャツとかランチボックスとか。テンポが早いので探しきれませんでした。私のお隣の方にも手伝っていただいて、身だしなみセットを担当していただきました。「宣伝部長」みたいですねって言われてました。とにかく森高さんがさんざんいじってくれました。楽しかったでーす。(^^))
「最前列大変ですね」的な締めで終了。(ああ、ほっとした~。(o^o^o))

12.ミーハー
サマソニからなので、このテンポ聴き慣れてきました。“ダンス森高”での森高さんは夏フェスに行って無い方々にはとても新鮮に感じると思います。

13.カップミュードル
14.Don't Stop The Music
15.LALA SUNSHINE Remixed by tofubeats

FacebookやYoutubeでこの表記になっていますね。トーフ君のダンスチューンいいよねえ。耳に馴染みやすい。

<MC>
最後の2曲はトーフ君がリミックスしてくれて生まれ変わりました。夏フェスに出ました。あ、来てくれましたか。ありがとうございます。トーフ君、カーネーション、氣志團と。サマソニは色んな会場があって移動するので、お客さん少なかったらどうしようかと思ってたけど、入場制限がかかるくらい来てくれた。いつもの方たちも来てくれたし、若者もいました。新しいことにチャレンジできたかなと。
来年はどうなるか分からないけど、声がかかればね。ホールもいいけど、ライブハウスでやりたいと。距離も近いし、パワーも感じられるし。「雨」で立ってるのかと思ったら座ってましたね。(笑)

16.夜の煙突
17.GET SMILE
18.テリヤキ・バーガー

関係無いわよ~!は是非ご一緒に叫びましょう。

<アンコール>
19.冷たい月
シルバーの衣装に“新しい”シルバーの靴。全体がキラキラしてました。10cmくらいのヒールでした。ピンヒールでは無くて、太めなヒールでした。
名古屋の時とは変わっていました。探してくるスタッフさんの努力も大変だなあと思いました。

20.この街
思い切り腕まわし&腕振りしました!ちらっと振り返ったら揃ってて綺麗でした。

<MC>
アンコールありがとうございます。後半ノリノリの曲でしたが大丈夫でしたか?(おー!)楽しかったですか?(おー!)
本編よりアンコールの方が派手という。最近好きなスペ-シーな。こんなに派手な服が似合う45才もいないえしょ。
楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまいますが(えーー!!)、明日学校でしょ?違った、会社。(^^;
休んだりとか早めに終わったりとかでしょ。全部行く人!(はーい!)凄い。お金続きますか?大人だからね。(その為に働いてる-!)それもどうかと。(^^;
それでは最後に…。準備が…。(おおっ!!)そんな曲じゃない。(^^;;;;

21.渡良瀬橋

<ダブルアンコール>
ありがとうございます。身近だし、パワーもらえました。ライブって楽しい。始まる前にみんなの声が聞こえて来るとやる気湧いてきます。ライブのために頑張ってます。気分爽快歌って終わりたいと思います。今日はありがとうございましたー!

22.気分爽快
森高さんはボトル持たなかったような。私はこの日に購入したので手にしていました。後ろチラ見したけど、サビは右からやってましたような。さすがは東京。

アナウンス後に三本締めで終了!お疲れさまでしたー!!

--------------------------------

自力での最前列は通算2回目なのです。ファン歴長いけどこんな幸運はそう無いものですね。

今回は℃-uteの矢島舞美ちゃんが2階最前列にいたそうな。去年のCOTTON CLUB 2日目2回目にも来てました。舞美ちゃんは森高さんの事が大好きなのです。自分のブログで「憧れです」って書いてくれていました。「知ってる曲ばかりで手振りもしてました」とのこと。「森高さんと森高ファンの関係が素敵」的な文で、読ませてもらってうれしくなりました。そんな舞美ちゃんですが、森高さんとの2ショットは叶わなかったとのこと。大先輩相手に言い出せなったんだって。次の機会には絶対にお願いして撮ってもらってください。森高さん&舞美ちゃんの2ショットが実現したら、双方のファンにとって喜ばしいことですよ。

そうそう。思い出しました。
退場する森高さんが最後に一言。「また来週~っ!!」。まるでドリフのごとく。(^▽^)

以上、東京はやっぱりテンションたけーなー。(^^)