「森高千里 Autumn Tour 2014 ~LOVE~」 Zepp Tokyo day3

2014.11.18(火)

ツアー6公演目 ファイナル

COTTON CLUB

ツアー初日とはまるで打って変わって寒くなってきました。
日が暮れてからは一層冷え込んで、入場列に並びながら足がガタガタと震え出しました。いや~寒かった。
その入場列ですが、係員が列を作る指示を出す前に自主的に整列しちゃいました。慣れすぎなお客さんたちだこと。(^^;
しばらく並んでいると、入場時間になりました。もう慣れた座席指定券の受け取りを済ませ入場。今回もまた鈴木マリアサイド!いや~、マリアちゃんに縁があるのかな。(^^)
開演時間が迫り、手拍子が起こりました。そして会場の客電が落ちる頃にはチサトコールに。さすがファイナル。雰囲気が違います。メンバーに続いて、しばらく間を開けて森高さんが登場!!

1.若さの秘訣
2.臭いものにはフタをしろ!!
3.私がオバさんになっても

通路席だったので、スペース十分。「私オバ」では思う存分に腕を回しました。

<MC>
森高千里でーす!ようこそいらっしゃいました。平日なのにたくさん駆けつけてくれてありがとうございます。ファイナルなので気合い入ってきました。何度も来たと言う人も初めての人もいると思います。ライブハウスで近いでしょ。今日はあの人あそこにいるなとか、わかるんですよ。曲が変わってないかも、でも教えないでね。ここに来るまで席分かんないんでしょ?前の人はあとでいろいろお願いしますね。仕事を休んだり、早めに上がったりして来てくれたんでしょ。遠くから来てくれた人も。(大阪、岡山などあちこち、そして台湾の声)台湾?ありがとうございます。この間、若い人が来てくれて最後は笑顔で楽しそうにしてくれてました。何度も来た方も初めて来た方も最後は笑顔で帰ってくれるようなライブをしたいと思います。
3曲はおねえちゃん→オジさん→オバさんていう流れなんです。え?気付かなかったの?残念。(´Д` )
初期の頃の曲。聴いてた人…。(はい!はい!はい!)
4.KISS THE NIGHT
5.WEEKEND BLUE

<MC>
デビューの頃は知らなくても、「17才」あたりから知って人もいると思います。歌詞をまだ書いてなかった頃、歌えて無くて未熟者だった。Youtubeでセルフカヴァー始めて、だんだん分かるようになってきた。Youtube見て、昔のアルバムを聴いたという人も多いと思いますけど、何のアルバムが好きですか?(いろいろ声が上がって)取りあえず全部言っておこうみたいな。色んな曲があって、表現も変わっていったかと。ライブの映像もアップされたから予習してきましたよね。今、ひゃくごじゅう…(1!1!1!)151ですか。自分で分かってないんです。
2012年から始まって、まだ終わってないので来年も続きます。年明けに日の出。またスタッフが日の出を撮りに行かないと。大変なんです。楽しみにしてくれてますか?コメントはかわいいとか良かっただけじゃ無い方がうれしいです。ちゃんと見てますからね。衣装も毎回変えて頑張ってますから。(ここで最前列に遅刻者到着でひとしきりいじる森高さん)
次は元気な曲を。

「はだかになりますかー!?」

6.はだかにはならない
7.忘れ物
8.出来るでしょ!!

<MC>
ライブハウスなので立ってないといけないけど体力作りしてきましたか。

【メンバー紹介】
メンバーそれぞれへの声援がかなり増えました。
「謎の円盤UFO’」をユーフォーと言いかけ、すぐさまユーエフオーズと言い直しました。ユーフォーズの方が言いやすいよね。「平等に声をかけて上げてくださいね」と森高さん。「声がかかるとうれしいよね」で、会場からの声援盛り上がる。「無理やりやらなくてもいいですから」マリアちゃん以外では横山さんへの声援が多かった。リアクションしてくれますからね。
疲れたら座ってもいいですけど、座ると見えなくなっちゃうから、じゃあ立ったままで。(^^)

9.雨(ロックバージョン)

最前列中央に「雨」をこよなく愛するファンが立っていました。森高さんをすぐ目の前にして感激だったことでしょう。

10.ストレス
11.非実力派宣言

<MC>
アルバムの中に色々な曲があります。「非実力派宣言」もそのとき言いたい事だったんだなと。派手な衣装でミニスカートで頑張ったり、セルフカヴァーやったり。これからも立ち止まらずやっていきたい。そんな森高千里を分かってついてきてください。
それでは私のグッズの紹介を---。

----グッズ紹介----
トータルでは前日に続いてかなりの時間に。グッズを森高さんに何度も手渡してうらやましい限り。

「前の人はTシャツいっぱい着てくれてますけど…」

ここでスワロフスキーでデコってあるTシャツの女性や黒Tシャツの人にジャンプしてみてといじったり、パンフなどなどを手にしたり、その他グッズあれこれをファンと一緒に紹介。ついには吊り下げタイプの整理用具を使って一揃い見せられるようにしてある物まで登場。なかなか手の込んだことやる森高ファンのみなさん。(^^) 弁当箱はちょっと売れ行き悪いらしい。

「自分で紹介しないといけない危機迫る森高千里ですけど(^^; 次はダンス森高と言っている曲です。」

12.ミーハー
13.カップ・ミュードル
14.Don't Stop The Music
15.ララ サンシャイン

<MC>
気持ち良くリズム取ってたら分かんなくなっちゃった。(^^; すいません。
夏フェス見て初めて森高のライブに来た人?え、24歳!1人で来たの。友だち連れてくれば良かったのに。
新しい方ももちろんですけど、いつも森高のことを忘れないで見に来て下さる方も多いですね。(いぇーい!!)こんなに長く歌ってる、ステージやってると思わなかったので不思議な感じ。終わっちゃう感じが淋しいし、(またやろうね!)ありがとうございます。好きなこと、やりたいことを実現していきたい。家庭のこともやりつつ、歌を歌ってみなさんに少しでも元気になってくれればと思います。
ライブハウスならではの曲を。準備はいいですかー!行っちゃいますよー!「夜の煙突」!!

16.夜の煙突
17.GET SMILE
18.テリヤキ・バーガー

ありがとうございましたーーっ!!!

<アンコール>
19.冷たい月
20.この街(馬刺し、とんこつラーメン)

「この街」の2コーラス目で客席に向かって「明日の夜のおかずは何にすっと?何?」と聞き出す森高さん。(ラーメン!)「ラーメンがよかと?あんたまたラーメンがよかとね。」と続けるニューパターン。森高ファンと最前列ファンのアドリブでした。

<MC>
皆さん笑顔で。最初は緊張してましたけど、最後は皆さん笑顔で。楽しんでくれましたか!(いぇーい!)ツアーは今日で最後になりましたけど。来年Blue Noteでやります。去年COTTON CLUB行った人?(はーい!)また良かったら来て下さい。
一杯来てくれた方も初めて来てくれた方もいると思います。また来年もマイペースでやっていきます。
若い人どうでした?良かった?今度は友だちを連れてきてね。

それでは…(お!よ!)よ!じゃない。(^^; 最後は「渡良瀬橋」聴いてください。

21.渡良瀬橋

<ダブルアンコール>

<MC>
22.ジンジンジングルベル
23.気分爽快

アナウンス後に三本締めで終了!

--------------------------------

いつもながらのファイナル特有の盛り上がり。
ツアーを終えるときは寂しさもあるけど、充実感が気持ち良い。
今回のツアーはライブハウスでの公演ということもあって、オールスタンディングに果たしてお客さんたちが体力的に対応できるのかという不安があったみたい。でも、十分に対応しましたよね?
元気で臨む森高ライブ。またライブハウスでの公演があるといいな。森高さん、スタッフの皆様、そして森高ファンの皆様お疲れ様でした。(^^)