JCB Presents Chisato Moritaka Special Live In Blue Note TOKYO 

2015.1.24(土) 2nd

南青山 Blue Note TOKYOでの大人な雰囲気でのライブ

COTTON CLUB

OPEN 19:00 / START 20:00

いよいよ今回のBlue Note TOKYOの最終公演です。席は森高さんたちが入場する通路の階段を降りてすぐの最初に位置するテーブルでした。まさにハイタッチ席。でもなあ…、通路側は同伴の方。立ち上がって1歩動かないと自分の手は届かない。昨年のCOTTON CLUBでうらやましく思ったハイタッチ、今回果たして思いは遂げられるのか。隣のテーブルには昔、森高さんのマネージャーをしていた和田さんがタレントさんらしき女性と座っていて開演前からテンション上がってる様子。う~ん、和田さん気になる。テーブルに同席の若い男性たちは富山からの遠征で森高ライブ初参加とのことでした。下のフロアの最後尾なのでかなり椅子周りのスペースが窮屈でした。椅子を回したものの足の置き場が狭~い。終始、自由度が少なくてじれったさを感じながらの最終公演となりました。腕も自由に上げられない。もっと体をあちこち動かしたかった。

01:林檎酒のルール
02:星に願いを
MC
03:GIN GIN GIN
04:ザ・バスターズ・ブルース
05:銀色の夢
06:片思い
MC(バンドメンバー紹介/THE BLUE NOTES)
07:まひるの星
08:ミーハー
09:Don't Stop The Music

MC(放送予定、他お知らせ)
「Don't Stop The Music」は2年前から歌っていて、もう定番ですよね。気に入ってます。クラブでのライブ、くれになっちゃったみたいで、またやっちゃおうかなと…。まだ決まって無いですけど。でも言ったことが実現してるでしょ。スタンディングだけど大丈夫ですかね?
(ここで、TBSチャンネルでの「Zeppライブ放映」、WOWOWの「森高千里の日」について。そしてここで何かを手に掲げる森高さん。とんでもない発表が!!!)
これ皆さん知ってますか?(ザ・森高!!)浜松のイベントの衣装なんです。「森高ランドツアー」と「古今東西ツアー」の間にやった学園祭ツアーでの写真なんです。宇都宮と浜松での映像が見つかりました。発売が決まったそうなんで、言って良いですかと聞いたらダメだって。でも言っちゃいまーすみたいな。(^^) 4月に発売です。SNS、Twitter、Facebookで書いちゃってください!(イェーイ!!) ブログのメッセージが上がらないという声もありますけど、ちょっと待っててくださいね。忙しいんですよ。ここで好きな人も多いと思います。「渡良瀬橋」聴いてください。

10:渡良瀬橋

MC
次歌うのは昨日歌わなかった曲です。苦労した曲、好きな方多いんじゃないかと思います。聴いてください。

11:雨
もちろん数多く歌ってきて定番中の定番。代表曲の一つ。ライブではピアノの弾き語りもあったけど、今回は以前武道館でもやったロックバージョン。鈴木マリアちゃんのギターでのロックバージョンがまた聴けるなんて!!今回の「雨」より、COTTON CLUBでの「雨」の方が感情移入がたっぷりだったかも。この曲を楽しみにしている人もいたことでしょう。今回ぐっと来る曲多かったね。

12:ALONE
高音がかなりきつそうだなってのはありますが、まだ森高ライブに行っていなかった頃の曲を今こうして聴けるのは本当にうれしいし楽しい。

13:ララ サンシャイン
もはやオリジナルよりこのアレンジの方が好きかも。軽快なテンポが気持ち良い。サビでの手振りもっと広まるといいな。森高さんが手を振っているので応えたい。

<アンコール>
EN1:私のように

<ダブルアンコール>
ダブルアンコールへのチサトコール頑張りました。
再入場の際、ここでも席から立てず。何やってんだ、俺。(´Д` )

MC
何歌おうかなあ?(あれ!あれ!あれ!---あれって何だ。(^^;)
昨日は寝たのが遅くて。3時くらいまで寝れなかった。歌って興奮していたんでしょうね。帰ったらTwitterに良かったよーって書いてくださいね。昨日は書き込み少なかった気が…。(書いたよ~!)嘘ですけど。(^^) 最後に「道」を歌って終わりにしたいと思います。

WEN1:道

メンバー全員と森高さんが横に並んで手を握り合い上に掲げて挨拶。会場からは大きな拍手と声援が名残惜しそうに続きました。そしてステージを降壇。ダブルアンコールとあって、すでに何度もハイタッチしている方々も最後の思い出の一瞬を楽しんでいました。私もテンションが上がっていて、意を決して立ち上がって一歩移動。店員さんが大きく両手を広げて通路に出ないようにガード。すると通路の向こうから鈴木マリアちゃんが向かって来ました。両手が無理そうなので届きそうな左手のみを差し出すとマリアちゃんの手が触れました。「お疲れ様でーす!」。商売柄もあってつい口にしました。何よりホンネの言葉ですから。続いて他のメンバーの方々が通過。タッチと「お疲れ様でーす!」の繰り返し。みなさんいい笑顔でした。そしてメンバーに続いて森高さんの姿が。森高さんも両サイドの方々とタッチを続けているのが見えました。おお!森高さんが近づいてキターッ。「お疲れ様でーす!!」。森高さんの手と私の手がピタッと合いました。(^_^)v 願いが叶った。あったかかったですよ。ステージを終えたみなさん全員あったかかったです。たぶん自分が最後に触れたかと思います。通路の向こう側は隠れてるから見えなかったですけどね。
---と言うわけで、念願のハイタッチも果たせて、今回のBlue Note TOKYO公演は幕を閉じました。思い出増えて良かった~!!

皆さんと三本締めを行いました。ご協力ありがとうございました。そして時間もだいぶ遅くなっていましたが、しばし歓談。大人な雰囲気のBlue Note TOKYOライブ。良い時間をありがとうございました!