BlueNote公演のMCを集めてみた!

「JCB Presents Chisato Moritaka Special Live vol.4 in Blue Note TOKYO」の公演からMCをピックアップ!

※情報者の記憶に基づいてまとめています。森高さんが喋った通りではありませんのであしからず。
※今後、情報の追加の可能性があります。

「ブルーノートは2年ぶりです。ここでやりたいと思っても簡単にはできないんですよ。JCBさん呼んでいただいてありがとうございます。」

「みなさんと近いですよね。緊張してます?結構目が怖いんですよ。(^^;」

「ししゃも祭りにサプライズゲストで行って来たんですけど、みなさんがふつう食べてるししゃもは本当はししゃもじゃないって知ってました?で、買ってきて食べた本ししゃもは焼いても柔らかくてぜんぜん違う!」

「昔、ツアーやっていた時もコアなファンの方達が一緒にツアー回って下さるのですが、自分なりの応援の仕方でうちわとか持って応援して楽しんで下さってましたが、今回のこの女性2人みたいに衣装着て、一緒に次のツアーの時に前回の衣装を作って来てくださったりとか、なんかそういう楽しみもして下さるので、私も楽しみで、その人たちがいなかったりすると、あー今日居ないんだ〜ってなんかさみしかったりするんですけど。」

「『私がオバさんになっても』はこれからもずっと歌っていきたい。『二人は恋人』はコンサートでは意外と盛り上がる(笑)『雨』はブルーノートがこういう雰囲気のお店なのでロックバージョンで。」

「叔母さんは親戚の叔母さんの事を歌った訳じゃなくて仕事をバリバリ頑張ってる女性が周りにいっぱいいてかっこいいなあって。で、それを題材に詩を書いたんですけど、なかなかコンサートでは歌う機会がなかったので今回聞いていただきました。」

「(バンド名は)今日は決めてきてません (笑)でもいつものメンバーですから心強く安心しながら歌ってます。」

「毎回衣装は作ってますが今日はどうですか?(最前にいた女性たちのかわいい!の声に反応して)「ありがとうございます〜。」

「ステージではキラキラした衣装が森高千里だからいつも必死で考えてるんですよ。ブルーノートだから今回の衣装は青のラインを入れてきました。」

「あと残り3曲になってしまいました。」

一同「え~~っ!!!!」「もっと~!!!!」

「最終公演は盛り上がり方が違いますね〜。昨日の1回目からそうやって盛り上がってくれればよかったのにぃ。」

「来年は21年ぶりの全国ツアー。旅行がてら…、そう旅行がてら観光地も行って最後に森高のコンサート見るみたいなね!それで、旅行にいくときはJCBを使うと!(笑)」

「12月になるとFNS歌謡祭。歌も歌いますから皆さんチェックしてくださいね。できれば生放送で見てください。あとLove musicも見てね!」

「オバさんにならないとか、かわいいとか書かれるけど、そういうのはもういいです。」

一同「かわいいっ!!!!」

「最近つぶやきで『歌もよかったけどMCもおもしろかった』とか書いてくださる方が多いんで、皆さんに笑顔を届けられて良かったなと思いますけど時間が限られてるので。どっちがいいですか?喋るのと歌と。」

一同「両方!」

「でもMCが長くなると歌が少なくなりますよ。」

一同「えーやだ〜!」「両方~!」

「私、喋りが専門じゃないのでダメなんですけど、でも皆さんの顔を見たりするとつい言いたくなっちゃう。(笑)」

「また来年コンサートやりますので来てくださいね〜。」

関連記事

私がオバさんになっても(1992年)

「いい事ばかりはありゃしない」Recording Digest

ページ上部へ戻る