BlueNoteTokyo2日目はさらに盛り上がりました!

BlueNoteTokyoはほんとに音がいいのですが、ステージサイドの両サイドに重低音用のウーハーが設置されてるんですね。今日、同席だった方に聞いて初めて知りました。古くから、当サイトをご覧いただいている方と初対面できたり、色々と思い出深いシーンもありました。

MCでは「昨日の1回目から盛り上がってくれればいいのにー。」という一言が。自分は参加してないのでわからないですが、静かだったの?今日の2公演目はやはり最終公演ということもあってか、大いに盛り上がりました。森高さんだけでなく、会場中が笑顔に包まれていました。セトリはヒット曲多め。定番曲は初めての森高ライブだという方をはじめ、比較的ファン歴の浅い方々には好評なのでしょうね。年季を積んだファンはマニアックな曲をもっと聴きたかったかも?何しろホールコンサートよりは曲数が少ないので、セトリを考えるのも大変なんでしょうね。セトリについての思いも聞いてみたかった。個別の曲については、今までもしてきた解説ではありましたが、これもまた初めtの方には「へぇ~!」と思わせる内容だたのではないでしょうか。

今回の衣装は黒とシルバーを基調にカーブした青いラインが入っていたのですが、この青が実に綺麗だったんです。BlueNoteのステージも黒と青なので、同系でのマッチングが良かったと思いました。高いヒールの黒ブーツの側面にも縦に青いラインが入っていました。背中はシースルーになっていました。かなり通気の悪そうな生地に見えたので、暑さ対策ですかね。公演後バックバンドの皆さんと撮った写真はこちら→https://www.facebook.com/chisatomoritaka?fref=ts
今年のライブはこれで終わり。2日間でしたが、参加された皆さん楽しかったですね。どうもお疲れ様でした。

MCで告知がありましたが、FNS歌謡祭で歌うそうです。期待しましょう!

関連記事

ピックアップ記事

森高千里の部屋

私がオバさんになっても(1992年)

「いい事ばかりはありゃしない」Recording Digest

ページ上部へ戻る